戯言

ひとりごとと

フリーランス(WEB系)で食っていきたい

フリーランスって何かかっこいいよねー。

響きもいいけど、時間も自分で決められるし、上司からの無茶振りや部下の尻拭いもないし。

カフェで打ち合わせとかオシャレじゃんとかね・・

自分で営業して、仕事こなして、お金の交渉もして、大変そうだけど、 やりがいもあるし。 まぁ、何とかやれるんじゃないかと思う人は多いと思います。

そもそも、フリーランスってどうやってなるんだろうか?

制作会社に従事していて、家庭の事情、個人の事情などで その企業を退職して、自分が担当していたクライアントを自分につければ、何となくその企業を退職した後もフリーランスとして成り立っていくかなと漠然と思います。

学生から、気づけば〜って方は才能と周りに恵まれ素晴らしい人間性の持ち主でそういう方はもう・・・憧れです。

普通の制作会社からフリーランスって方はやっぱり不満の中からなる方が多いのかなと思います。もっとクライアントのために〜とか、安い金額で受けておいてクライアントとの連携がうまく取れずにズルズルと進んでいく案件とか・・。人時生産性が悪く、しまいにはサービス残業をしなきゃいけないとか。 正直、IT土方と呼ばれるような過酷な環境がほとんどだと思います。

円満退社であれば企業から、そしてお付き合いのあった同業他社の方からだったりとなんだかんだ仕事をいただいたりするんです。最初だけ・・・

うまくいくのは最初だけ

「うまくいってる思うだけで、本当はうまくいってない」

継続性が難しいです。

辞めた後に自分に仕事を振ってくれる場合、その方の得意分野により違いがありますが、まるまる1本の制作をお任せしてくれるって少ないのではないかと思います。

名刺だけだったり、会社のパンフ、写真の変更、ヘッダー部分だけとか パーツ系が多かったです。僕の場合は。 その後、直接のクライアントからの信頼を得られたら維持管理費とかつけたりとかね。

会社に所属してるときは、最低制作料金とかの基準が自社にあると思います。 フリーになって同じ額を請求できるかというと割と厳しいです。

企業がフリーに仕事をお願いする理由は

ほぼ賃金が安く済む。 正直、これ以外理由ないのではないかと・・・ もちろんそこから関係性を築いて、その会社から必要性を持ってもらえるようになるのも大事です。 企業からは都合の良い人材と思われることが多いです。

フリーランスはやめたほうが良いよ?

と僕は思います。 正直、女性が結婚して専業になってその合間に〜とかなら、全然良いと思いますが。

男性で家族を養う立場でいる人は辞めたほうが良いです。 自分が倒れたり、病気になったりしたら仕事は止まります。 お客様の信頼も失いますし、当然その間にお金が入ってくることもありません。 場合によりますが不安定な収入は携帯契約、賃貸契約なんかも審査が厳しいです。

基本、孤独ですし、同じフリーランス仲間がいても、所詮は他人事。相手が困っていてもしてあげたくてもしてあげれないのが現状だと思います。

今は制作会社でもホワイトな企業が多いですし、勉強会が行われてたり、福利厚生だとかしっかりしてるとこが多いみたいです。 羨ましい限りです。

ググれの一言で終わってた10年前とは違うんだなと。。 風邪引いても家で寝ることもできずに自宅のパソコンで作業したりと、 体壊して、無理して、そんなこんなでフリーランスになった僕としては、時代に迎合できなかったなぁと、深くため息をつきます。